忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 タイトルは「目は口ほどに物を言う」
 ごきげんよう、DALUMA♪です。

 人生生きていく中で色んな人と出会い、別れ、共に行動したり、敵対したりしますが・・・
 『生理的に受け付けない』と言う言葉があります。

  何百人と見たり話したりした中でも皆さんも一人や二人居ると思います。さくっと調べてみると、口臭、体臭等の身体的要因と表情、仕草などの行動的要因が主に見られました。

 でも、このように「嫌いになる理由」が明確にあるのに「生理的に受け付けない」と言うのはちょっと可笑しいなと思ったんです。そもそも生理的と言うのは・・・

 (理性的ではない)本能や感覚による言動や行動を指すらしいです。

 つまり、自ら嫌いになる理由が無いんですよ。自然と言うか意図せずにそうなる。何で嫌いか分からないけど、この人は合わない、嫌いと思う事です。
 ・・・と言う事は生理的に受け付けないというのは初めて会った瞬間に『合わない』と違和感でも嫌悪感でも出てくるんですね。理由なんて分からなくていいんです。なので、「○○が駄目だから」と言う生理的に受け付けないは間違いではないのかと個人的に思います。

 私も今まで会ってきた人の中でもそう言ったタイプの人間を見たことがあります。
 ただ、私の中で「人の噂を鵜呑みにしない事」を常々心がけています。

 ネットが普及しSNSや掲示板、オフ会、skype等、インターネットを利用して人と接する事が多いと思いますが、その中でも人の印象や雰囲気を考えているでしょう。その中でも人それぞれ好みか異なると思います。ただ、私が経験してきた事として一目会わないことには全くと言って良いほど人を判断する事なんて出来ないんですね。いくらメールや文面、電話で交流していたとしてもその人の「中身」には程遠く、その文面だけで人を判断して甲乙つけても説得力が無いんです。

 なので、一目会う事が最も相手を知るために重要な事なんですね。
 初対面と言えども、交流はしているんです。ハードル自体はそこまで高くありません。

 さて、ここまで来てようやく本題。
 タイトルの通り、目は口ほどに物を言う。

 個人的な「生理的に受け付けない」と言う所の一つは「目」
 目を見た瞬間 駄目だ! と思う事があります。

 「目が死んでる」とかでは無いんです。「目が死んでる」となると、その人全体が「私は今暗いよ~」と言った雰囲気として出てくる。「目つきが悪い」は身体的な問題である以上仕方ないです(きっと本人もコンプレックスだろうと思うし)

 先ほども言った通り「理由が無い」んです。
 私は基本的に相手の「目」を見て話をします。誰に話しているのか、相手に訴えかけると言うと語弊ですが、相手に伝えるために目を見るようにしています。自然な事としてなので、意識自体は殆ど無いんですが。
 ただ、意図せずに自分が目を逸らすとなると「合わない」と思うんです。何度か目を見ようとしても目が合った時に逸らすようになると「あぁ、駄目だな」と確信します。
 こう言うのをきっと「目が語っている」のかなと思います。

 私が少ない人生で見てきた中でそう言う人の共通点の一つとして「あまり良い話を聞かない人」なんですね。良い所も全く無いわけではないです。でも、悪い所の性質(たち)が悪かったり、悪い話の方が多いとか。
 ただ、ネットではそう言う所まで分からない。これがオンとオフの大きな差かなと思います。

 正直誰が大丈夫で誰が大丈夫じゃ無い確証は全くありません。全て私個人的な感覚と経験のみで書いている事なので・・・


 鵜呑みにしないこと。
 ・・・と言うより信じない位の方がいいかもしれません。

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
・Link
※相互リンク

永遠のトビラ:ウォン様

※お気に入り
http://blog-imgs-35.fc2.com/k/o/i/koigusuri/201011041756434a5.jpg
・Search
・Counter
Template by Crow's nest 忍者ブログ